スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
小室淑恵さんのワークライフバランスセミナー①WLBの必要性
2008 / 07 / 24 ( Thu )
株式会社ワーク・ライフバランス代表の小室淑恵さん
私の勤める会社で講演をしてくださいました。

ワークライフバランス(以下、WLB)。最近よく聞くコトバですよね。
私が勤める会社はベンチャーで、
朝早くから夜遅くまでがんばることが美徳とされているような会社です。
そんな中、後ろめたく思いながらも鈍感力を行使してヒトリ
さっさと先に帰ってしまうような私なので、興味シンシンで講演に行きました!

小室さん!本当に知的で素敵な女性です!
出産後三週間で起業され、育児とお仕事を両立をご自身で実践
されている、多くの女性のロールモデルとなる方です。

1時間半の講演で、本当にたくさんの楽しくてためになるお話を
伺ったのですが、以下、特に印象に残ったことをご紹介します。


■日本は世界で一番残業時間が長い。にもかかわらず、
労働生産性(付加価値を生み出す力)は19位!
(フランス人、イタリア人は日本人の3/4の時間で、1.3倍の付加価値を生み出している。)

■仕事が終わらない⇒残業時間が長くなる⇒帰って寝るだけ
という悪循環から抜け出す。
(Lifeからのinputがない状態、空の器をいくらWorkに持ち寄ってもoutputは生まれない)
そのため、はじめに強い負荷がかかるけれど
■まず定時で帰る!⇒帰れるためのタスク管理をする⇒帰って自己研鑽の時間を持つ
(人に会ったり、本を読んだり、仕事に必要な情報をinputする時間を持つ)
⇒Lifeの時間で得たinputをWorkで短時間でoutputを生み出す。
という好循環に変えていく!!

■WLBとは育児や介護等特別な事情を抱えた方のためのものではなく
企業が経営戦略として取り組むべき課題である。
⇒団塊の世代がリタイヤし労働人口が急激に減っている。
さらにジュニア達が介護に追われるようになる。
生産量を高めるためには育児や介護で一時キャリアがストップしても
ブランクにならないような環境、風土が必要。
それがない会社は人材が定着せず、
採用費が嵩む結果となり、伸びていけないということが理由。

最後に小室さんは、男性にこそ、WLBが大切だと仰っていたことが
非常に印象的でした。
17 : 22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
一つ悩みが解決しました☆
2008 / 07 / 24 ( Thu )
最近、もやもや悩んでいたこと。

モチベーションや意識の高い人達に囲まれるようになって、
職場や、身近にいる、そうではない人に出会った時の対応。

今日、大橋悦男さんのブログに
前向きでない人対策 と言う記事で答えのヒントを見つけました。

興味がある方はこちらをご覧になってみてください。

なるほど~☆彡



01 : 50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。